うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

乙女の初恋: 折原みと

 乙女の初恋: 折原みと著のレビューです。

乙女の初恋 (文芸)

乙女の初恋 (文芸)

 

 

「乙女の花束」の続編です。
前回のレビューはこちら↓↓

乙女の花束:折原みと

 

恋の予感が漂う2年生♥

 

乙女度のとっても高い本書。
名家の令嬢が通う鎌倉の全寮制高校「桜の宮女学院」。

主人公・風子も2年生になり、制服のスカーフの色も変わり、
彼女を慕うかわいい後輩もでき、なかなか充実した学園生活が
期待できそうです。

なんといってもタイトルから「初恋」という文字があるだけに、
恋の予感も!

1月ごとに場面が変わる設定は前回同様、
まるでカレンダーをめくるように風子たちの様子が
変化してゆきます。また、今回はちょっと怖い話なんかも
出てきます。

で、風子の恋。最初は上手くいくのかな~なんて、
のんびり構えていたら、後半、やっぱり嫌な予感が
当たったというか、「ジャカジャーン♪キタ―」と
効果音が流れるメロドラマ風味の展開を見せてくれました。

いやぁ、、、これがあるから止められないのですわ。
解りやすい展開すぎてハマるというか・・・。
そんな大波が後半数回あります。前半はまったりしてたのだけど、
後半の展開に身を乗り出したといった流れでした。

初恋だからこその初々しさ。
初恋だからこその大胆さ。

なんだかお姉さんはその都度ドキドキさせられました(笑)
それでも、風子は前進していったなぁ~。

さてさて、風子のお相手はどんな人か?
ライバルの出現で恋の行方は?

運命って言葉を信じたくなるような展開に身を任せ、
乙女の園にずっぽりはまった時間になりました。

高校三年生の風子も見たいのですが、
続編の予定はあるのでしょうか・・・?